賢ければ何でもうまくいくわけではない

7月から子供たちが通い始めたボルダリング
(といっても、道具は一切不要の簡易版)
二男の方は初めて一ヶ月ほどで、新たにクリアできるコースがなくなってしまった。
長男も最近伸び悩んでいたが、先週、旦那帰国中で旦那に見てもらえた日に新たに3コースクリア。

二男の伸び悩みの原因は、「体が小さくて手が届かないから」と本人がダメな原因を分析して納得して諦めているから。
長男の方はというと、「何故ダメなのか?」「どうしたらうまくいくのか?」なんて考えるほどの賢さもないので、ただがむしゃらにトライし続けてたら、いつの間にか「できた!」になる。
先週は、旦那が見ていてくれてたから、テンションも上がってて、いつも以上に集中できていたのかもしれない。

今日もやる気なく新しいコースに挑戦しようとしなかった二男に、なぜ長男が次々と挑戦し続けられるのか、なぜ二男が諦めてしまうのか先述した話をちょっと砕いて話した。
まぁ、ぶっちゃけ、長男はちょっと(どころじゃなく)おバカだから、何でできないのかなんて考えないんだよね〜、ただこのコースをクリアしたい!って気持ちだけで、どうしたらクリアしたらいいかすら考えてないんだよ。
君はちょっと考え過ぎ。
それだと、ママみたいにそのうちツライことになるよ。
まぁ、いつか長男もおバカ過ぎてツライ目に逢いそうだが…(ー ー;)と。


二男は「今の」自分によく似てると思う。
私は子供の頃はそうじゃなかった。どっちかというと長男みたいな無鉄砲派。
今までの人生経験の積み重ねで、いつしか完璧主義になっちゃっただけで。
体調面に不安があるし、どうしても準備万端整えて、結果がいい方向に運ぶと予想できることにしか手を出せなくなってる。
結果が予想できないことには、手をつけようともしないし、何かやりたいことが思い浮かんでもアレをやる為にはコレをこうして、その前にそっちをそうして…って考えることがものすごいストレスで、頭の中でうぎゃーーーっ!!てなって、やめとこうってなっちゃう。

うーん、毎日グダグダ寝て過ごしてるばかりじゃ何も変わらないのは分かってるんだけど、ほんの些細なことをしようとするだけで、ものすごいストレス感じちゃうんだよね。困ったもんだ。

長男のおバカさ加減にいつも腹を立てているけど、今日という日は、うらやましいと心底思った。